東京・大阪で面白い企画&動画マーケティングを提案する動画制作会社 | 動画制作会社シネマドライブ

もう作るだけの動画は制作しないで!こんな動画を作ってください!おもしろい!(映像)+見せる!(媒体)+行動させる!(結果)東京で、これができる映像制作会社はこちら!
Cinemadrive
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
広告業界で評判の動画制作会社をご存じ? 相場の半額でハイクオリティーな動画を制作する会社はこちら

動画制作会社シネマドライブ

動画制作のプロ集団

MENU

映像を文字の形に切り抜こう!

もえ


映像を文字の形にくり抜きたい・・・
今回は映像と文字を合成する方法をご紹介します!
めちゃ簡単なのですぐできちゃうと思います。

【目次】
1.映像を準備する
2,Premiere Proでの方法
3.After Effectsでの方法
4.まとめ

1.映像を準備する

とにもかくにも素材がなくてはなにもできないので
適当な映像を準備します。
今回はこちらの映像を使用します。

2.Premiere Proでの方法

まずはPremiere Proでの合成方法をご紹介します。

文字に合成したい映像素材をタイムラインに載せます。

映像素材の上に文字素材を載せます。

次に文字素材に
エフェクト⇒ビデオエフェクト⇒キーイング⇒アルファマットキー
を適用させます。

するとこのような画面がエフェクトコントロールに出ます。

この アルファを反転 の四角にチェックを入れます。

するとあら簡単。

映像を文字で切り抜くことができるんですね

これでできちゃいます。

3.After Effectsでの方法

After Effectsでの編集も簡単なものです。

Premiereと同じように素材をタイムライン上に載せます。

タイムライン上に平面とテキストを配置します。
テキストは上に配置してください。
平面の色は何色でも構いません。

平面のトラックマットをアルファ反転マットに変更します。

できちゃいました!

黒の平面を調整したりしておしゃれな文字がつけることができます。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は簡単な文字のくり抜きをご紹介させて頂きました。
映像内での文字のインパクトって映像の印象を左右させる重要なものだと思います。
ぜひ工夫してみてくださいね。

 

 

頭から動画企画がオアシスのように溢れ出す!動画制作会社をお探しの方はこちら
ページトップへ
トップページ
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
動画制作
制作実績
お客様の声
メンバー紹介
選ばれる理由
よくあるご質問
無料見積もり依頼
会社案内
会社概要・アクセス
パートナー契約
求人採用情報
お問い合わせ
その他
プライバシーポリシー
リンク集
サイトマップ