東京・大阪で面白い企画&動画マーケティングを提案する動画制作会社 | 動画制作会社シネマドライブ

もう作るだけの動画は制作しないで!こんな動画を作ってください!おもしろい!(映像)+見せる!(媒体)+行動させる!(結果)東京で、これができる映像制作会社はこちら!
Cinemadrive
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
広告業界で評判の動画制作会社をご存じ? 相場の半額でハイクオリティーな動画を制作する会社はこちら

動画制作会社シネマドライブ

動画制作のプロ集団

MENU

映像内に文字を書き順通りに表示させる方法

もえ


映像内のテロップなどを書き順通りに表示させることができると
映像内で動きが出て効果的です!

【目次】
1.AfterEffectsで書き順通り表示させる
2.完成
3.まとめ

 

1.AfterEffectsで書き順通り表示させる

まずAfterEffectsを立ち上げ適当なテキストを打ちます。

ペンツールを使って文字をなぞっていきます。

何画かある文字でしたらマスクの色を変えた方が分かり易くなると思います。
できるだけ線の真ん中にマスクを切るようにしましょう。
次の線を引く場合は、レイヤーパネルの何もないところをクリックするとマスクが切れて違う線を引けます。
テキストを選択しないでマスクを引こうとするとシェイプレイヤーが作成されてしまうので
作成してしまった場合は消しましょう。

次にエフェクト⇒描画⇒線を選択します。

するとこの画面が出現します。

文字をすべて覆うようにブラシのサイズを調整し、
ブラシの硬さは100%にします。
あと、すべてのマスクにチェックを入れます。
これをしないと一画目の線しか表示されません。

するとこうなります
文字全体を線で覆うようにしましょう

次に線の終了のキーフレームを操作します。
開始地点でストップウォッチのマークを押し0.0にし
終了地点で100.0の値のキーフレームを設置します。

これでOK。

あとは

ペイントスタイルの設定を元のイメージを表示にするだけ。

2.完成品

できあがったものがこちらです。

書き順が多いと大変になってくるのでお気を付けください。

3.まとめ

このように少しの手間で映像のクオリティは上がります。
試行錯誤して制作していきましょう。



映像制作・動画制作ならシネマドライブ(大阪・東京)にご相談ください


頭から動画企画がオアシスのように溢れ出す!動画制作会社をお探しの方はこちら
ページトップへ
トップページ
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
動画制作
制作実績
お客様の声
メンバー紹介
選ばれる理由
よくあるご質問
無料見積もり依頼
会社案内
会社概要・アクセス
パートナー契約
求人採用情報
お問い合わせ
その他
プライバシーポリシー
リンク集
サイトマップ