東京・大阪で面白い企画&動画マーケティングを提案する動画制作会社 | 動画制作会社シネマドライブ

もう作るだけの動画は制作しないで!こんな動画を作ってください!おもしろい!(映像)+見せる!(媒体)+行動させる!(結果)東京で、これができる映像制作会社はこちら!
Cinemadrive
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
広告業界で評判の動画制作会社をご存じ? 相場の半額でハイクオリティーな動画を制作する会社はこちら

動画制作会社シネマドライブ

動画制作のプロ集団

MENU

文字に光が流れるエフェクトをAfterEffectsで付ける方法

もえ


映像テロップにもう一工夫して立体感を出したいとき
文字に立体的に光を走らせるのが効果的です!
映像の印象も格段に違います。
それでは張り切ってまいりましょう。

【目次】

1.文字に立体感を出す
2.文字に光を走らせる
3.まとめ

1.文字に立体感を出す

・まずAfterEffectsを立ち上げ、光らせたい文字を打ちます。

・エフェクトを追加します

こちらか

こちらで

・エフェクト⇒描画⇒CC Light Sweep を文字に適用させます。

そうすると

この画面が出現します。

光の角度はDirection、光の幅はWidth、文字のエッジ部分の強さはEdge Intensityで調整、エッジの厚さはEdge Thicknessで調整できます。
今回は光の色は白でライトの形はSharpで入れていきます。

文字にこのように立体的な光が入ります。

・この光を横一筋に広く入れます。

文字に立体感がでましたね。
これで下準備は完了しました。

ちなみにライトの形は三種類選べてSharp・Smooth・Linearから選んでください。
Sharpは上記の通りなのですが

Smoothはこんな感じ

Linearはこんな感じ

なんとなーく違います。

まあ、ここまでは好みによりますね。

2.文字に光を走らせる

そして本題!
文字に光を走らせましょう!

・もう一度CC Light Sweepを文字に適用させます。

エフェクトが2つ適用されました。

・角度や光の幅を調整します。
・Centerの数値を調整して小さい数値とそれよりも大きい数値のキーフレームをタイムラインに打ち、
左から右にライトが移動するようにします。

そしてこちらが完成品

今回は背景を透過して書き出したため背景は黒くなっています。
書き出す際

このようにビデオ出力のチャンネルをRGB+アルファで書き出すと
背景が透過された動画素材になります。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。
意外に簡単にできましたよね。
ぜひ活用していってテロップにおもしろみをつけていってください!

 



映像制作・動画制作ならシネマドライブ(大阪・東京)にご相談ください


頭から動画企画がオアシスのように溢れ出す!動画制作会社をお探しの方はこちら
ページトップへ
トップページ
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
動画制作
制作実績
お客様の声
メンバー紹介
選ばれる理由
よくあるご質問
無料見積もり依頼
会社案内
会社概要・アクセス
パートナー契約
求人採用情報
お問い合わせ
その他
プライバシーポリシー
リンク集
サイトマップ