東京・大阪で面白い企画&動画マーケティングを提案する動画制作会社 | 動画制作会社シネマドライブ

もう作るだけの動画は制作しないで!こんな動画を作ってください!おもしろい!(映像)+見せる!(媒体)+行動させる!(結果)東京で、これができる映像制作会社はこちら!
Cinemadrive
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
広告業界で評判の動画制作会社をご存じ? 相場の半額でハイクオリティーな動画を制作する会社はこちら

動画制作会社シネマドライブ

動画制作のプロ集団

MENU

カメラマンの技術に絶対必須!第2弾カメラの画面サイズの基本

せいや


さて、僕の前回の第1弾のカメラ・ワークの基本→https://cinemadrive.jp/filming/2473/

に引き続き、今回は第2弾「カメラの画面サイズの基本」です!

画面のサイズは、メインの被写体が画面内でどれくらいの大きさで映っているかで表します。

大きく分けると、被写体が小さく映る方から「ロング・ショット」「ミディアム・ショット」「アップショット」と言います。

そしてこの3つはさらに細かく分類されます。

さて、僕でそれをお教えしましょう!

LS→Long Shot(ロングショット)
FF→Full Figure(フルフィギュア)
KS→Knee Shot(ニーショット)
WS→Waist Shot(ウェストショット)

写真を見てもわかるように、ロング・ショットの方になればなるほど、情報量が多く状況説明的な画になりますね。逆にアップ側は撮影対象を特定して迫力ある画になります。

更にアップ側はこんな感じ。

BS→Bust Shot(バストショット)
US→Up Shot(アップショット)
CU→Close Up(クローズアップ)
BCU→Big Close Up(ビッグクローズアップ)
Detail→Detail Shot(ディテールショット)

色々と部分によって変わってきますね!

 

撮影現場で重要なのは、ロング・ミディアム・アップの各サイズをバランスよく撮影することです!

どのサイズも単独では映像の作品としては成り立ちません。3つの画面サイズの撮影量のバランスを意識して撮影するよう心がけましょう。

また、ロングショットは一般的に画面内の情報量が多くなります。そらそうですよね、映り込むものがたくさんあるわけですから。視聴者が映像を理解するには、アップよりは時間がかかるので、ショットは長めに撮影しておくのが望ましいです!

 

最後に解りやすくした表を↓

 

さて、いかがでしたか?今回は僕がいっぱいでしたね!僕しかいないですね!

第3弾もお楽しみに!



映像制作・動画制作ならシネマドライブ(大阪・東京)にご相談ください


頭から動画企画がオアシスのように溢れ出す!動画制作会社をお探しの方はこちら
ページトップへ
トップページ
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
動画制作
制作実績
お客様の声
メンバー紹介
選ばれる理由
よくあるご質問
無料見積もり依頼
会社案内
会社概要・アクセス
パートナー契約
求人採用情報
お問い合わせ
その他
プライバシーポリシー
リンク集
サイトマップ