東京・大阪で面白い企画&動画マーケティングを提案する動画制作会社 | 動画制作会社シネマドライブ

もう作るだけの動画は制作しないで!こんな動画を作ってください!おもしろい!(映像)+見せる!(媒体)+行動させる!(結果)東京で、これができる映像制作会社はこちら!
Cinemadrive
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
広告業界で評判の動画制作会社をご存じ? 相場の半額でハイクオリティーな動画を制作する会社はこちら

動画制作会社シネマドライブ

動画制作のプロ集団

MENU

「アノ感じ」が簡単に出せる!スローモーション動画の使い方

せいや


テレビ映画ネット動画など世にある映像作品には、色々な表現方法が使われています。
その中でも、皆さんがよく目にする、また私たち映像制作者もよく使う手法の一つに「スローモーション」があります。

今回は、スローモーションの使い方や撮り方についてご紹介していきます!

【目次】

  1. スローモーションが生み出す効果
  2. スローモーション動画の撮り方
    (1)iPhoneのカメラアプリで撮影
    (2)スローモーションに強いカメラで撮影
    (3)普通の動画を撮影してスローモーションに編集
  3. まとめ

1:スローモーションが生み出す効果

「スローモーションって、どんな意味があるの?」

そんな疑問のお持ちの方に、まずはこちらの動画をご覧ください。

出だしから、女性がこちらに向かってスローモーションで歩いてきます。
一歩一歩、ゆっくりと。
その後も随所に、スローモーションの演出が使われています。

私たちがスローモーションを使う時、それによって何を表現したいかというと、一番多いのはズバリ「高級感」です!

例えばこの動画は、阪急不動産の「ジオ」という分譲マンションブランドをPRするものです。
ブランドイメージからも、高級感は大切にしていきたいところ。
そこでスローモーションです。

そう言われると、人物のゆったりした動きから、「ゆとり」「余裕」「優雅さ」みたいなものを感じませんか?

次にもう一つ、スローモーションを効果的に使った動画をご紹介します。

厨房にゆっくりズームインしていきます。
実際に最新の厨房を見に来た人が、じっくり隅々まで眺めるイメージです。
どうですか、高級感あるでしょ?

もちろんスローモーションがもたらす効果は他にもありますが、一番分かりやすいのはコレだと思います。
皆さんも、動画に高級感を演出したい時は、ぜひスローモーションを上手に使ってみてくださいね。

2:スローモーション動画の撮り方

スローモーションによって、どんな効果が生まれるかは分かりました。
じゃあ実際のところ、スローモーションってどうやって撮ればいいんでしょうか?

その方法は3つあります。

(1)iPhoneのカメラアプリで撮影

手軽にスローモーションを撮りたい!という方はこちら。

これ、意外と知らない方が多いんですけど、iPhone標準で入っているカメラアプリで、スローモーション動画を撮影できるんです!

普通通りにカメラを立ち上げて、画面下のメニューをスワイプしていくと「スロー」という項目があるはず。これを使います。

iPhoneで大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、大丈夫。
iPhoneでも十分な画質の動画が撮れます。大画面で映すにはキツいかもしれませんが、WEBで使う動画なら十分ですよ。

(2)スローモーションに強いカメラで撮影

スローモーション動画で、かつ画質にもこだわりたい!という方には、圧倒的にお勧めしたいのがこちら。
SONYの「DSC-RX100M4」というハイスピードカメラです。

公式サイト
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M4/

このカメラには「スーパースローモーション」という機能が付いています。
これは、とにかく高精度なスローモーションを撮影できるんです。

今の新しいカメラだと、スローモーション動画自体は撮影できるものが多いんですが、その画質、クオリティにおいて、RX100のスーパースローモーションは群を抜いています。

「キレイキレイって言うけど、どんだけキレイなん?」

はい、こちらをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=pwOis03H5zI&feature=youtu.be

すごいでしょ?

とにかく、美麗なスーパースローを撮りたい方はぜひお試しください。

(3)普通の動画を撮影してスローモーションに編集

3つ目の方法は、撮影は普通のカメラを使い、編集でスローモーションにする(ゆっくり回す)というものです。

「ほんなら、別にiPhoneハイスピードカメラもいらなくね?」

いや、違うんですよ。
カメラでちゃんと撮ったスローモーションは、綺麗さ滑らかさが違います。
パッと見は分からないかもしれないですが、よく見ると、編集したほうは多少カクカクしたりするんです。
出来栄えにこだわるなら、やっぱりちゃんとカメラで撮りたいですね。

ただし、iPhoneでもRX100でも、撮影できる時間が短い(機種によりますが数秒程度)という問題がありますので、そこはケースバイケースで使い分けてください

まとめ

スローモーションでの演出は、動画に「高級感」を生み出してくれます。クライアントの要望やイメージに応じて、あなたの動画作品にうまく取り入れてください。
編集でのスローモーションもできますが、「寄り」のスローが欲しいなど画質が優先される時はスーパースロー撮影可能なカメラもぜひ使ってみてください。

以上、「「アノ感じ」が簡単に出せる!スローモーション動画の使い方」についてでした。

 

 

 



映像制作・動画制作ならシネマドライブ(大阪・東京)にご相談ください


頭から動画企画がオアシスのように溢れ出す!動画制作会社をお探しの方はこちら
ページトップへ
トップページ
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
動画制作
制作実績
お客様の声
メンバー紹介
選ばれる理由
よくあるご質問
無料見積もり依頼
会社案内
会社概要・アクセス
パートナー契約
求人採用情報
お問い合わせ
その他
プライバシーポリシー
リンク集
サイトマップ