東京・大阪で面白い企画&動画マーケティングを提案する動画制作会社 | 動画制作会社シネマドライブ

もう作るだけの動画は制作しないで!こんな動画を作ってください!おもしろい!(映像)+見せる!(媒体)+行動させる!(結果)東京で、これができる映像制作会社はこちら!
Cinemadrive
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
広告業界で評判の動画制作会社をご存じ? 相場の半額でハイクオリティーな動画を制作する会社はこちら

動画制作会社シネマドライブ

動画制作のプロ集団

MENU

あなたの動画企画を3倍面白くする!魅力的な「キャラクター」の作り方

せいや


「漫画を描くということはキャラクターを立たせるということ」(小池一夫:「子連れ狼」原作者)

最初に、皆さんに重要な事実をお伝えしましょう…。
ストーリー作りに重要なのは、ストーリーそのものではなく、キャラクターなんです!

「うっそーん、そんなわけないでしょ!?
だって、あの小説もあの漫画もあの映画も、ぜーんぶ、ストーリーが素晴らしいんじゃないか!」
そう思いますよね。

今回は、動画のストーリー作りにおけるキャラクターの大切さと、魅力的なキャラクターの作り方について解説します!

【目次】

  1. 主人公(キャラクター)が動いてストーリーを作る
  2. 魅力的な主人公とは「感情移入」できるキャラ
    2-1:映像を一番見せたい「ターゲット」を主人公に
    2-2:「足りないもの」が主人公を魅力的にする
  3. まとめ

1:主人公(キャラクター)が動いてストーリーを作る

例えば、あなたが次の作品名を聞いた時に頭に浮かぶものは、なんですか?

  • 漫画「ドラゴンボール」「スラムダンク」「ワンピース」
  • 小説「容疑者Xの献身」「村上海賊の娘」「永遠の0」
  • 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」「スターウォーズ」「ラ・ラ・ランド」

さぁ、どうでしょう。
パッと最初に浮かんだのは……あの主人公の顔、じゃないですか?
ストーリーが先に思い浮かんだという人はいますか?

これが答えなんです。
「主人公が動いてストーリーを作る」
これを一つの鉄則として覚えておきましょう。

だから、ストーリー調であれドキュメンタリー調であれ、ミュージカル調であれ、まずはあなたが主人公を作ることが大事です。
それも、魅力的な主人公なら最高です!

2:魅力的な主人公とは「感情移入」できるキャラ

魅力的な主人公」といわれても…魅力的って、どういうこと?
いざキャラクターを作ろうとすると、困ってしまいますよね。

あなたが映画やドラマを観る時のことを思い出してください。
面白い作品に共通しているのは、「主人公に感情移入してしまっている」ことでしょう?

「観客は感情移入することにしか興味がない」
(庵野秀明・「シン・ゴジラ」「エヴァンゲリオン」監督)

さあ、では感情移入させるキャラクター、主人公を作り出しましょう!

と、いきなり言われても「無理!」となりますよね~
ここで、魅力的な主人公を考えるためのポイントを、2つお教えします。

(1)映像を一番見せたい「ターゲット」を主人公に

ここで基本に立ち返って、あなたが映像を作る「目的」を思い出してみましょう。

例えば、ある飲食店で動画制作を思い立たれた理由が
人材募集の際に、職場環境の良さを映像で分かりやすく伝えることにより、多数の方に面接に来てほしいため」
だったとします。
この場合、動画のターゲットは「就活生」「フリーター」「転職希望者」になります。

でもこれではまだザックリしすぎているので、もっと細かく分けてください。
あなたが「もし、この映像を1人だけにしか見せられないとしたら、誰に見せるか?」
と考えてみます。
この例なら、「面接に本当に来てもらいたい人」は誰か、です。

そして、頭に思い浮かんだその人を、なるべく主人公にしましょう!

ほら、簡単でしょう?
今回の飲食店の例であれば、
「飲食店で働いたことはあるけど、今はフリーター。そろそろ就職しないといけないと思っている若者」
飲食店経験者のフリーター、20代前半、といったところですね。

(2)「足りないもの」が主人公を魅力的にする

キャラクターを魅力的にする、もう一つの方法をお教えします。

先ほど、「感情移入」というキーワードをあげました。
さて、あなたが主人公に感情移入する時って、どんな時ですか?

「ああ、この人、自分と一緒だなあ…」
そう思った時じゃないでしょうか。

そこで、主人公に「足りないもの」つまり、

  • 弱いところ
  • 困っているところ
  • ダメなところ

があると、主人公に対してグッと親近感がわきます。

成績優秀、スポーツ万能、男前でモテモテ、家は大金持ち…
足りないものが一つもない、そんなスーパーヒーローに感情移入できますか?

「足りないもの」が、主人公を魅力的にするんです。
その足りないものが、動画を見ている人と一緒だと、さらに親近感は増します。

例えば、映画だと…

  • 弱いところ
    ・凄腕の刑事だが、妻に頭が上がらない
  • 困っているところ
    ・一流のスパイだが、娘が誘拐された
  • ダメなところ
    ・天才弁護士だが、借金が地獄のようにあるといったところです。

…ほら、なんだが魅力的なキャラクターでしょう?

「足りないもの」と主人公の職業や特技にギャップがあればあるほど、
主人公は魅力的になります。

まとめ

「魅力的なキャラクター=見る人が『感情移入』できるキャラクター」
これからキャラクターを作ろうとする人は、この鉄則を、まずよく知っておきましょう!
そして上にご説明した2点を頭に置いて、見る人がつい感情移入してしまう、魅力的なキャラクターを考え出してみてください。

以上、「あなたの動画企画を3倍面白くする!魅力的な「キャラクター」の作り方」についてでした。

 

 

 



映像制作・動画制作ならシネマドライブ(大阪・東京)にご相談ください


頭から動画企画がオアシスのように溢れ出す!動画制作会社をお探しの方はこちら
ページトップへ
トップページ
動画マーケティング
企画
撮影
編集
ツール
ノウハウ
まとめ
東京
大阪
その他
動画制作
制作実績
お客様の声
メンバー紹介
選ばれる理由
よくあるご質問
無料見積もり依頼
会社案内
会社概要・アクセス
パートナー契約
求人採用情報
お問い合わせ
その他
プライバシーポリシー
リンク集
サイトマップ